高性能な散気管をご紹介
2021年4月6日

散気管による環境浄化

環境浄化の方法としては、対象となるものによってそれぞれ種類があります。それぞれに適した方法を用いることによって、効果的な浄化というものを行うことが可能となります。環境浄化の中でも大きな影響があるものとして、生活排水などの浄化ということがあります。生活排水は液体ですので、様々なところに紛れ込んで環境汚染を引き起こすということがあるからです。

このような廃液の浄化にはいくつかの方法がとられます。その様な際に散気管という器具が用いられる場合もあります。廃液の中の無機物質の除去のためには、イオン交換樹脂や沈殿処理などという方法が行われます、この方法は化学的な方法ですので、比較的大量に一時に行うことが可能です。それに対して廃液中の有機物質の除去というのは難しいものがあります。

多くの場合には、微生物などを使った分解が行われます。その様な際に重要となるのが廃液中の酸素濃度です。酸素濃度が低い状態では有機物質の分解は不完全となり、メタンやアンモニアなどが発生してしまいます。これらの物質は悪臭を放ったり有害なものですので、廃液処理の観点からは好ましくないものです。

有機物質を二酸化炭素と水にまで完全に分解するためにためには、好奇性細菌を活性にしてやる必要があります。その様な際に用いられるものが先程述べた散気管です。散気管は水中に小さな気泡を導入する器具です。このことによって、廃液中の酸素濃度を上げ好気性細菌の働きを活発にし有機物質を完全分解させます。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です