高性能な散気管をご紹介
2021年4月3日

散気管を介した廃水処理が増えている

散気管を介することにより、工場廃水の浄化を考える企業が増えています。安定した工場運営を実現するためには、日常的に排出される工業廃水の浄化を行うことは避けられない課題でもあります。工業製品を製造した際に、廃水のなかの酸素や脂分が含まれていると、周辺環境へ悪影響を及ぼしてしまうからです。廃水を放流する河川敷に生息する微生物は、酸素濃度が高いと活動が鈍化するものです。

水中の微生物が鈍化してしまうことは、悪臭が発生する原因となる硫化水素の増加に繋がります。悪臭が立ち込める河川敷に変えてしまうと、近隣住民からのクレームを受けてしまいます。散気管を介した廃水処理は、長きに亘って工場を営むためには欠かせない課題となるのです。工場によっては、廃水処理を行う際に、旧型のディフューザーを活用するところもあります。

従来型の廃水処理設備であるディフューザーは、使用に際して多大な電力消費を伴うものです。散気管を用いた廃水処理は、浄化の精度を上げるだけではなく、工場運営に対する光熱費の削減を導くことへも繋がるのです。綺麗な水面を維持するためには、日々の工業廃水を浄化させる努力は欠かせないものです。廃水中に含まれる脂分を細かく砕くことで、水分中の脂分を微生物が捕食できるようにもなります。

放流した際に含まれる脂分が少なくなることで、川底に汚泥が沈殿することも無くなるのです。環境基準に抵触しないだけではなく、近隣住民のクレームを受けることのない、工場運営が散気管で実現するのです。散気管のことならこちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です