高性能な散気管をご紹介
2021年3月15日

スクラバーとは何か?

スクラバー(排ガス洗浄装置)とはドラフトチャンバー(研究者や実験者を有害物質から守る局所排気装置のこと。危険物質及び有害物質を封じ込めるとともに排気して、作業環境を維持)から出てくる有毒ガスを大気中に放出する装置です。スクラバーによる大気中への放出に際しては中和液やフィルターで無毒化を行います。ところで、ドラフトチャンバーをはじめとした局所排気装置は労働安全衛生法に基づき、定期点検が義務付けられています。

スクラバーも対象になっており、1年以内ごとに1回、法律に定められた内容に沿って定期自主検査を実施して、点検結果を3年間保存する義務があります。定期点検実施で不具合箇所の早期発見と部品交換を実施、機器のパフォーマンスを維持するとともに製品寿命を延ばします。ドラフトチャンバー(局所排気装置)は大手通販サイトでも販売されています。価格は1台、10万円前後のものから50万円を超えるものまであります。

スクラバーについても同様に大手通販サイトで購入可能ですが、高いものだと1台で100万円を超える製品もあります。薬品を注入する口があると、ガスの中和を自動で行うことができます。スクラバーを設置する前にダクトを敷設する必要があるのですが、ダクト工事はともすると後回しになりがちです。しかしながらダクト装置を敷設することで、有害物質をスムーズに大気中に排出できます。

ダクトは風量バランスを考えて、長さ、曲がりを揃え、機器のパフォーマンスを最大限に発揮できるように設計します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です