高性能な散気管をご紹介
2021年2月24日

排ガスや有害ガスを処理するスクラバーについて

スクラバーとは排ガスや有害ガスなどを処理して待機中に放出するための装置で、洗浄塔システムや排ガス処理装置とも呼ばれます。排ガスや有害ガスを吸着や水洗浄、薬剤中和などで処理する点に特徴があり様々なタイプのものが存在します。企業が工場で発生するガスを処理しないまま外部に放出すると、周辺の住民との間でトラブルになる可能性があるので注意が必要です。またガスをそのまま放出すると環境問題に発展する可能性があるので、スクラバーを使って放出しても問題ない状態にする必要があります。

工場における排ガス対策が十分に行われていないと、スタッフの労働環境も悪化して生産効率が低下したり健康被害が起こる可能性が存在します。スクラバーを使って排ガスをしっかりと処理すれば、スタッフの労働環境や健康状態を守ることができ生産性も維持できます。工場で発生する排ガスを有効に処理するためには、排ガスの種類を的確に把握して適切なタイプのスクラバーを導入する必要があります。企業が扱っている製品や製造方法の違いによって排出されるガスの種類には違いがあるので、スクラバーを導入する前に確認しなければなりません。

例えば鋳造工場では粉塵が混じったガスやレジンを含むアンモニアなどの臭気物質が発生するのが一般的です。粉塵を含むガスが人体に入り肺や気管に達すると、呼吸器に重大な健康被害をもたらす可能性があるので注意してください。強い臭いのあるアンモニアなどの物質が放出されると、周辺住民との間でトラブルになったりスタッフの健康に影響を及ぼす可能性があります。企業が円滑に活動を行うためには、最適なタイプの装置を導入して排ガスや有害ガスを適切に処理することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です