高性能な散気管をご紹介
2021年1月9日

スクラバーに関する知識

工場では大量の製品が生産されていますが、その製作にあたっては効率が重視されます。また普通にはないようなものを生産するということも要求されます。そのような製品を生産することによって、他社との差別化を行い利益を上げようというものです。このような状況から、各工場においては特殊な手法を使った製品の製作ということが行なわれるのが普通です。

そのような場合、効率などを追求することによって有害な排気ガスが発生する場合があります。工場が利益を上げるためには致し方ないことなのですが、それを工場の外の環境に放出することは、非常に厳しく制限されています。したがって、工場では排気ガスを十分に浄化する装置を設置しなければなりません。このように工場から出る排気ガスを浄化する装置のことをスクラバーと言います。

スクラバーがない場合、濃度の高い汚染物質が工場外に出ていってしまいますので、大きな環境問題や住民の健康被害を引き起こしてしまいます。このような重要な役割を持ったスクラバーなのですが、その浄化方法については大きく二つの方法があります。一つは乾式法と呼ばれるものでもう一つは湿式法と呼ばれるものです。それぞれの方法について、他方で除去される物質は除去できませんので、実際に設置するスクラバーをどのようなものにするかについては、工場から出る排気ガスがどのようなものであるかをあらかじめ十分な検討を行った上で行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です