高性能な散気管をご紹介
2021年1月3日

スクラバーで除去できるもの

工場や化学物質などを扱うところでは、スクラバーは必ず設置しなければならないことになっています。なぜならば、その場所からもし高濃度の有害物質が大気中に出てしまうと、すぐに拡散してしまい広い領域が汚染され、住民や生態系に深刻な影響を与えるからです。スクラバーはこのような重要な役割があります。もしこの装置が十分に機能しない場合には、先程の大きな健康被害を及ぼすことになります。

このことは過去の日本の公害問題の例を見ても明らかです。多くの住民がじん肺などの深刻な健康被害を受けました。現在の日本においては、このようなことはあまり聞かないのですが、海外のアジアなどの新興国ではこのようなことがまだ実際に起きています。このように大気汚染防止には必須の装置であるスクラバーには二つの種類があります。

一つは洗浄液を使うタイプのものです。このタイプのものは水に溶けるような有害物質を含む汚染ガスを浄化します。また大気中に含まれる微小な固形物の除去にも用いられます。もう一つのスクラバーの種類としては、吸着剤などを使って汚染されたガスの中の有害物質を直接吸着してしまうというものです。

主に有機有害物質ガスを取り除く際に用いられます。乾式と湿式では吸着されるものの種類が違いますので、どちらかで他方の代用はできません。したがって、スクラバーを設置する必要がある場合には、どのような汚染物質が出る可能性があるかについて、あらかじめ十分な検討を行う必要があります。スクラバーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です