高性能な散気管をご紹介
2020年12月31日

スクラバーの機能と使用される現場

スクラバーとは、排気ガスなど人体および自然に有害な影響を与えるガスを浄化する装置です。有害なガスを機器内へと吸着して水洗浄し、薬液中和という工程を経て大気に放出しても問題ない状態に持っていきます。その役割から、洗浄塔システムや排ガス処理装置とも呼ばれています。特に大規模な工場で発生する排ガスは、そのまま外部へと漏らしてしまうと近隣住民はもちろん環境問題へと繋がるためスクラバーは欠かせません。

加えて対策が不十分であれば内部へも漏洩してしまい、労働環境悪化による従業員の生産効率低下や健康被害といった影響も大きくなります。製造する製品や工程の差によって、工場から出るガスの種類は大きく変わります。そのため、異なる種類ごとにそれぞれ対応した機器が存在するということを覚えておきましょう。まず鋳造を行う現場では、粉塵やレジンを含有する排ガスやアンモニアといった臭気物質が発生します。

特に粉塵が混じる場合、人間の体内に入ると呼吸器に障害をきたすため危険です。この場合は、粉塵や臭気物質を除去するスクラバーが用いられます。臭気物質が発生しやすいのは製薬工場でも同様であり、設置されるのは臭気物質を取り除く装置が主体です。次に扱う製品によって発生する臭気および有害物質が異なるのが、化学工場です。

有害な物質としてはホルムアルデヒド、強い臭気を放つ有機溶剤が代表的な種類となります。周囲や内部での健康被害、近隣の環境への影響を最小限に食い止めるためにこれらの物質を処理する装置が置かれます。ゴム製品を作る現場では粉塵と、有機溶剤が混ざり合わさった排ガスが発生するためこれらの対策が主体です。スクラバーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です